スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイリムとシロディール

es20.jpg


「 この先がスカイリムなんて! 」

そうなんです。オブリビオンの舞台のシロディールとスカイリムが
隣どうしなんて勉強するまで知らなかったですw

es21.jpg

よく見ればオブリビオンのマップにちゃぁ~んと書いてありましたw

エルダースクロールシリーズはタムリエル大陸のそれぞれ地域の一部を
舞台にしているので当然ちゃぁ~~~当然ですねw


sr0001b.jpg


タムリエル大陸の地図を簡単に作ってみました。

1作目:The Elder Scrolls: Arenaはタムリエル全体が舞台。

2作目:The Elder Scrolls II: Daggerfallはハイロックが舞台。

3作目:The Elder Scrolls III: Morrowindはモロウウィンドが舞台。

4作目:The Elder Scrolls IV: OBLIVIONはシロディールが舞台。

5作目:The Elder Scrolls V: Skyrimはスカイリムが舞台。

そしてThe Elder Scrolls Online各種族グループごとにストーリーが進みます。


The Elder Scrolls Onlineはタムリエル大陸の全種族の戦いになるので
シリーズ最大規模となるんじゃないかな。

プレイヤーは各派閥の領土の外は探索出来ないので
各領土を見るには各派閥ごとにキャラクターを作らなければなりませんがw

早くゲーム機版を発売して欲しいです♪

日本語バージョンでねwww





スポンサーサイト

エルダースクロールズ タムリエル大陸地図

エルダースクロールズ タムリエル大陸地図

sr0001b.jpg



シロディール (Cyrodiil)

タムリエル大陸の中心。シロディールの首都インペリアルシティ(帝都)がある。

ハンマーフェル(Hammerfell)

レッドガードの故郷。

エルスウェーア(Elsweyr)

カジートの故郷の砂漠地域。

モロウウィンド(Morrowind)

ダークエルフの故郷。レッドマウンテンがある。

ブラックマーシュ(Black Marsh)

アルゴリアンの故郷。

スカイリム(Skyrim)

人間文明の発祥の地。

ヴァレンウッド(Vallenwood)

ウッドエルフの故郷。

ハイロック(High Rock)

ブレトンとオークの故郷。

サマーセット島(Summerset Isle)

ハイエルフの故郷。



エルダースクロールズの世界観

es001.jpg
The Elder Scrolls Online PVより

The Elder Scrolls Online がXBOXとPS4で発売されるということで、もっとエルダースクロールズの世界観を勉強したく今更、The Elder Scrolls IV: OBLIVIONをはじめましたw

エルダースクロールズオンラインはスカイリムの時代より1000年前の物語になります。
そしてオブリビオンはスカイリムより200年前の時代です。

スカイリムはオブリビオンに近くエルダースクロールズオンラインはかなり遠いい時代になるんですね。

オブリビオンはタムリエルの中心にあるシロディールが舞台です。

es002.jpg
The Elder Scrolls IV: OBLIVIONより

スタートしてチュートリアルを受け
はい!いきなり広大な世界に放り投げ出されました!この感じがオープンワールド!たまりませんw

スカイリムにもいた蟹ちゃんもオブリに同じのがいた!これだけでゾクゾクですねぇ~w

ここはどこ・・・・・・・?

そう!シロディールなのです!

何故今更オブリビオンなんてはじめたのか?
答えはThe Elder Scrolls OnlineのPVにあります。

es003.jpg
The Elder Scrolls Online PVより

エルダースクロールズオンラインPVのこのシーン!

これを見た時に・・・待てよ!?と思ったからです。この場所は?

es004.jpg
The Elder Scrolls IV: OBLIVIONより

オブリをスタートした場所。「 帝都 」

そうなんです!ここと同じ場所なんですね!!!

オブリビオンの時代から約800年前にもこれはあったんだ!
そう思ってから気になって仕方なくオブリビオンをはじめたというwww

他にもブレイズ騎士団がいたり、スカイリムでは解散状態でしたが。

スカイリムもそうですがオブリビオンも新たに旅をしてみれば、発見があったり作品どうしがリンクしている事があったりとそれぞれの作品への先入観も深まりそうです。

という事でエルダースクロールズの世界を楽しむために、ミユは旅を続けます♪


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。